The Eternal Dreamtime

現在拡張のドローイング

繊維強化プラスチック, 油彩, 水
FRP, oil paintings, water

3000×3000×300mm

Tokyo

2017.01

This is a drawing performance using paints in a gallery place.
The title “the Eternal Dreamtime” is the idea of the Aboriginal people in Australia. It tells us that “It is possible to return to any moment and that time is eternal”. I often thought that we don’t have the tomorrow or the yesterday, today, the past, or the future. There might be only now and we are just here with some memories. When you think about this, the existence of self might be in danger. Speaking to the extreme, the concept of the past is doubtful because our memories are rewritten by aliens. If the continuity from the past equals self-identity, it can be said that my ego is only a very vague thing. When I stood at the gallery, I start to feel horrible. The space I thought was originally a sterile white cube, it turned into an organic and vivid space while I was drawing. I aimed to leave my traces in this place. Somehow I steal my shaking ego and assimilate with this place.
It is a space to share with the viewer the eternal time that I was making this work. It is now one of my memory strongholds.


ジ・エターナル・ドリームタイムは、オーストラリアの先住民、アボリジニのもつ概念である。それはどの瞬間にも回帰することができ、時間とは永遠のものであるという観念。昨日、明日、過去、未来ーは存在せず、あるのは「今」といくつかの記憶だけだと作家も提言している。そう定義すると自己という概念は非常に危ういものになりうる。極端な話をすれば、私たちは宇宙人に記憶を書き換えられ、今この場所にいるだけであるかもしれない。自我同一性が過去と現在、未来の自己存在が同一であるということから規定されているのであれば、自我とは非常に曖昧なものに過ぎない。アボリジニの言葉を借りれば、私たちはただドリームタイムの海に、いくつかの記憶とともに存在しているだけだ。
当作品は、時計とは異なる形で時間のイメージを計測、共有するために制作された。今、この瞬間、この作品を見ている時間こそが「ジ・エターナル・ドリームタイム」であると作家は定義している。

Reference: https://www.sayokosuwabes.com/installation/-the-eternal-dreamtime

Photo: 齋藤洋子