《水のある空間について》

《水》は無名です。

誰のものでもあって、誰のものでもありません。

誰か(何か)のもとに寄り添っては流れ、他のもとにまた還っていきます。

ここでは、この天体Aの重力に引っ張られる水の姿を描きました。

いつかあなたに寄り添った水も、もしかしたらここに集まっているのかもしれません。 この形態が一回りする間に、13.92秒の時間が経ちます。

地球が一回りする間には、23時間56分4秒の時間が経ちます。

質量によってものの持つ重力の大きさは変わってゆきます。

限りなく小さくはあるけれど、この回転するカタチにも確実に重力があるのです。

ほら、あなたの髪がなんだか引っ張られる感覚はありませんか? この回る天体の重力に引っ張られ、この場所ではもっと様々なことが起きていることでしょう。

美術館という場所で水はご法度です。

普段出入りを禁じられているこの部屋に、 彼らを呼び寄せたくて、この作品を作りました。

彼らが確実にこの場所にいることを、感じられるでしょうか?

あらゆるところに存在する《水のある場》を思いながら描いた

ドローイングと共に、この空間を体験してくれると嬉しいです。

壊れてしまっていたら係にお知らせください。

 

諏訪部佐代子

​展示の際のテキストより