NOT FOR SALE [VIVA]


Exhibition: ノット・フォー・セール Not for sale





2021年7月23日(金)-8月16日(月)

平日 10:00-21:00 土日祝 10:00-20:00

〒302-0014 茨城県取手市中央町2−5 Atre取手4F たいけん美じゅつ場

VIVA website

GAP website


企画 NULLNULL STUDIO 諏訪部佐代子 君島英樹 ゲストアーティスト 瀬古瑞歩


この作品はいくらですか?という問いからこの企画は始まりました。アーティストにとって、「作品に値段をつけること」は非常にナイーブな問題です。現にファインアーティストである諏訪部は自作に価格をつけることにやや懐疑的な立場でこのプロジェクトをスタートしました。

SNS やNFTが発達した今、他者の作品の値段を知る機会は多いですが、実際、美術作品の価格とは曖昧なものです。同じくアーティストの君島は「お弁当ワークショップ」というワークショップを小学校を中心に行なっていますが、その 子どもたちが作った食べられない「お弁当作品」に毎回値段をつけてもらいます。価格のつけ方も含め子どもたちの感性は私たちの感性とは全く異なり、その場は常に創作のエネルギーで満ち溢れています。さて、美術とその価値とは何でしょうか?

これらの議論をNULLNULL STUDIOはたいけんびじゅつ場で5月より滞在制作をしてあらゆる訪問者の方と対話をしてきました。映像を見たり作品を見せあったり、ときにはインタビューの機会を設けたり…。そしてこの展示ではそのプロセスとともに実作を展示します。このプロジェクトを商業施設であるアトレで行う意義は非常に高いと言えます。なぜなら、人々の生活を支えてきた経済の第一線であり、常に価値、価格と向き合ってきた場所であるためです。中でもアトレ取手にあるVIVA は駅ビルの中にある文化交流拠点として、核家族化の進む現代において、井戸端的な、多世代交流の場となっています。



本展はファインアートを実践する二人のアーティストがゲストを招いてこの場所で表現する対話的展示です。

取手駅直結のたいけん美じゅつ場VIVAは、2019年12月にオープンした東京藝大のオープンアーカイブ、ギャラリーや工作室、広場やライブラリーを設けた新たな文化交流拠点です。2021年に新設された公募企画VIVA AWARDをNULLNULL STUDIOが受賞しました。


Photo: Yuri Kato

Project list