MA Grad show [The geidai Museum]


Exhibition: Grad show


Dates : Jan 28 (Fri) – Feb 2 (Wed), 2022 9:30 – 17:30 (Last Entry 17:00) Venue : The University Art Museum, The University premises, Ueno park 12-8, Taito-ku, Tokyo Organised by Tokyo University of the Arts

会期:2022年1月28日(金) – 2月2日(水)午前9時30分 – 午後5時30分(入館は午後5時まで) 会場:大学美術館・大学構内 東京都台東区上野公園12-8 主催:東京藝術大学

GAP website

Web catalog


“時代や時間が特定できない” と作家自ら定義した景色の写真、像のシリーズでリレーショナルな空間を構成する。この世に遍く全ての事物は必ずどこか特定の時代・場所に紐づけられている。

イメージはそれぞれその時代の特質を知らず知らずのうちにふくむ。ブロックチェーンが発達してしまえば全ての事物は各時代との住所づけが不可避になるだろうという自らの予測に基づき、アンチアーカイブを目指す画像シリーズ。


我々はもはや、”時代の紐付けから逃げられない” 世代である。炭素量の分析が可能になったことで、あらゆる物体は特定の時代に誕生したものであるという決定をせざるを得なくなっていく。ゆらぎ、ゆとりを 伴ったゆるやかな認識はこれからどんどん行き場をなくし、人々から想像する力を奪うかもしれない。入手可能な情報が増えてしまったことはある点においては絶望的である。 住所不定の画像・イメージ、おそらくそういったイメージはどんどん行き場をなくしていくことだろう。特に人工物のない風景、それを探すことは自分の居住地から離れることの難しいこの時代でこんなにも難しい。


Directed and Produced by Lemmart x NOUS CREATIVE


Unspecified Landscapes, PLA, Dimensions variable, 2022

Photo: Lemmart