Unspecified Landscapes Toride

An immutable landscape created from plastic

プラスチックから生まれる不変の風景

PLA

Dimension variable

Tokyo

2021.12

A series of photographs and digital images which the artist herself defines that "time and space cannot be specified,"  creates a relational space with a series of  sculptures. All things in this world are always connected to some specific time and place.
 
Each image unknowingly contains characteristics of its era. This series of images aim to be anti-archive, based on the artist’s prediction that once the blockchain technology is developed, all things will inevitably be associated with a specific point in time.
 
 
We are a generation that can no longer escape “ties to an era." With the ability to analyse carbon quantities, we will be forced to make the decision that every object was born in a specific time period. Loose perceptions accompanied by fluctuation and leeway will increasingly have nowhere to go and may deprive people of the ability to imagine. The increase in available information in some respects means we are hopeless. Images and photographs with no fixed address may increasingly have nowhere to go. Finding a landscape, especially one without human artefacts, is so difficult these days when it is so hard to leave one's place of residence.
 
“場所や時間が特定できない” と作家自ら定義した景色の写真、画像のシリーズでリレーショナルな空間を構成する。この世に遍く全ての事物は必ずどこか特定の時代・場所に紐づけられている。
 
イメージはそれぞれその時代の特質を知らず知らずのうちにふくむ。ブロックチェーンが発達してしまえば全ての事物は各時代との住所づけが不可避になるだろうという自らの予測に基づき、アンチアーカイブを目指す画像シリーズ。
 
我々はもはや、”時代の紐付けから逃げられない” 世代である。炭素量の分析が可能になったことで、あらゆる物体は特定の時代に誕生したものであるという決定をせざるを得なくなっていく。ゆらぎ、ゆとりを伴ったゆるやかな認識はこれからどんどん行き場をなくし、人々から想像する力を奪うかもしれない。入手可能な情報が増えてしまったことはある点においては絶望的である。 住所不定の画像・イメージ、おそらくそういったイメージはどんどん行き場をなくしていくことだろう。特に人工物のない風景、それを探すことは自分の居住地から離れることの難しいこの時代でこんなにも難しい。

2021,12,09 撮影
˝Global Art Practice, Graduate School of Fine Arts,
Tokyo University of the Arts, 2021
Photo: Kenta Kawagoe