The image no longer exists

A performance of washing self-portrait in water

自画像を水の中で洗うパフォーマンス

Acrylic on canvas, water

Dimension variable

Melbourne

2022.05

This is a mixed work of performance and installation.
 
[This installation may contain specific content]
The installation begins with the statement above, and is expressed as a timeline that is a journey of escape from the inclusion in any specific image.
 
While exhibiting the installation, which is based on the concept of escaping from being identified, the artist posed questions about the timeline of images through a performance in which she washed her self-portrait in water.
Along with the performance of particles being transferred into the water, an image of what used to be a self-portrait was detached from the canvas and projected onto the floor.
 
What we think of as paintings, or what we hold as images, are nothing more than images and memories that have been processed by someone else. The painting itself, which is the essence of imagery, is probably being transformed at this very moment. While a painting inherently cannot exist without its materiality, it is difficult to notice this because they are given a body other than what is material in the present age such as jpg, png etc. In this fifteen-minute performance, I followed the image of what we call paintings in our minds.
 
The sound coming from the ceiling is a time signal telling a made-up (random) time. Many people today live under the assumption that time is linear and irreversible, but the artist shows discomfort with this assumption and has been living since childhood under a delusion that the past and future exist for this one moment. The purpose of this time signal is to create a comfort zone for the artist herself and to suggest that this time could be any time.
 
パフォーマンスとインスタレーションをミックスした作品。

[This installation may contain specific content]
この空間は、上記のステートメントから始まり、特定のイメージからの逃避行として表現されている。
 
特定されることから逃れることをコンセプトとした明滅する光とプラスチックのインスタレーションを展示しながら、自画像を水洗いするパフォーマンスを通して、イメージの時間軸に対する問いを投げかけた。
また、粒子が水に移っていくパフォーマンスと同時に、かつての自画像のイメージが輪郭ごとキャンバスから切り離され床に投影されている。
 
我々が絵画だと思っているもの、イメージとして抱いているものは、誰かが加工したイメージや記憶に過ぎない。イメージの本体である絵画そのものは、今この瞬間も変容している。絵画は本来、その物質性なしには存在しえないものであるが、現代においてそれらは物質的な身体以外の身体(jpgやpngのような形で)を与えられているため、それを認識することは難しい。この15分のパフォーマンスで彼女は、私たちの頭の中にある絵画と呼ばれるもののイメージを追い続けた。
 
天井から聞こえてくる音は、でたらめな(ランダムな)時間を伝えるタイムシグナルである。現代人の多くは、時間は直線的で不可逆的であるという前提で生きているが、私はこの前提に馴染めず、子供の頃から過去と未来がこの一瞬のために存在すると妄想して生きてきた。このタイムシグナルの目的は、自分にとってのコンフォートゾーンを作ることであり、この時間がいつでもあり得るということを示唆することである。

Video: Jiawei Li / Andrea Illés