Port Phillip Bay

メルボルン湾を彫刻する

Lime stone, luminescent paint

300x200x200mm

Melbourne

2022.06

Since Melbourne was given the name Melbourne, its cultural sphere has been so transformed that no one fully knows the original division of land. Waterways and roads transformed by concrete have obscured this further.

A theory suggests that Port Melbourne was originally just dry land, not a bay, and became part of the sea by flooding. This fact has been passed down by the Aboriginal people as folklore.

According to the 2011 ABC Science article “Port Phillip Bay once high and dry,” Dr Guy Holdgate claims the following:
"’Aboriginal oral history talks about it happening very quickly during a great flood’.".
"’The traditional story involves a group of young boys being left behind at camp while the adults were looking for food. The boys threw a spear into a magic water container which burst, causing the area to suddenly flood.’"

It is assumed that this port was just a lake a thousand years ago and has been flooded by a river. The article points out the possibility that the site was created by a great flood. The Aboriginal people have passed the story down from generation to generation until the present day.

In this work, the artist drew the shape of Melbourne's harbour in limestone, cut it based on its outline, and poured a resin material coloured with luminescent paint. This piece was created as a response to this article. Two types of lines, straight lines, and organic lines that follow the topography, are present in this sculpture. Although the site is never actually squared off in this way, it is a reference to the act that divides the land without regard to its topography.
I wanted to honour the act of inheritance by sculpting the shape of the sea, so I carved the sea out of a rectangular form.
This work is a fictional work created based on the current bay line as of 2022.
It is also intentionally built lower on the seaward side than in the bay, a reference to Melbourne's history.

The topography and landscape we take for granted can easily be altered. The work suggests that it is being transformed every moment each day, forcing us to question the landscape below us.

Limestone is a material suitable for construction, used as far back as the pyramids of Egypt. It is a type of sedimentary rock that has supported people's lives for thousands of years. It is a soft material that absorbs water. Australia is home to limestone beaches and has a strong affinity with this material.

This sculptural act is an egoistic re-scraping of the limestone masses that have formed and existed over tens of thousands of years.

https://www.abc.net.au/science/articles/2011/04/14/3191726.htm




メルボルンがメルボルンという名前を与えられて以来、その文化圏は大きく変容し、誰も本来の土地の区分を完全に知らない。コンクリートで変形された水路や道路がそれをあいまいにしている。

ポートメルボルンはもともと湾ではなくただの乾いた土地であり、洪水によって海の一部となったという説がある。この事実は、現地の先住民の人たちによって、民間伝承として語り継がれてきた。

2011年のABC Scienceの記事「Port Phillip Bay once high and dry」によると、Guy Holdgate博士は次のように話している。

「アボリジニの口承史では、大洪水のときにあっという間にこうなったと語られています」
「大人たちが食べ物を探している間に、少年たちがキャンプに取り残されたという話です。少年たちが魔法の水入れに槍を投げ入れたところ、それが破裂して、その地域が突然洪水に見舞われたというのです。」

この港は1000年前はただの湖であり、川によって水没したと推測される。記事では、大洪水によってできた可能性を指摘している。現地の人たちは、この物語を代々、現代まで語り継いできた。

この作品では、石灰岩にメルボルンの港の形を描き、その形に沿った形を切り出し、暗闇で光る顔料で着色した樹脂素材を流し込んでいる。ここには、この事実への反響が込められている。切り出されたままの直線と地形に沿った有機的な線、この2種類の線がこの彫刻には存在している。実際の地形がこのように直方体に切り取られることはないが、地形を無視して土地を分断する行いに言及したものである。
この継承という行為に敬意を表して、海の形を彫刻するため、直方体から海を彫り出した。
この作品は、2022年時点の現在の湾岸線をもとに作成されたフィクションである。
また、意図的に湾内よりも海側を低く作っているが、これはメルボルンの実際の歴史にちなんだものである。

我々が当たり前だと思っている地形や風景は簡単に変えられるものであり、眼下の風景に問いかけるために、日々刻々と変容していることを示唆している。

石灰石は建築に適した素材で、古くはエジプトのピラミッドに使われていた。数千年もの間、人々の生活を支えてきた堆積岩の一種。柔らかい素材のため、吸水性がある。オーストラリアには石灰岩のビーチがあり、この素材と強い親和性を持っている。

この彫刻行為は、何万年もかけて形成され存在してきた石灰岩の塊を、エゴイスティックに削り直すものである。


Stuart Gary. “Port Phillip Bay Once High and Dry.” ABC Science, April 14, 2011. https://www.abc.net.au/science/articles/2011/04/14/3191726.htm

Photo: Jiawei Li